2018-05-22 UPDATE

【イベントレポート】黒黒放送 『東京VSKnee』 4日間に渡る熱戦の行方は……(3日目:前編)【鉄拳】

| | | |
LINE

こんにちは、WalkerGaming 鉄拳部門スタッフ:スズキングです!

今回は、GW期間4日間にて行われた、鉄拳プレイヤー:黒黒さんの企画、

東京 VS KNEE

本日は、3日目の模様をお送りします!
対戦者が5名の為、前編後編にてお届け!

まずはKneeの紹介について↓

Knee
国籍:韓国
所属チーム:ROX Gaming
おもな使用キャラクター:デビル仁、ポール、ブライアン等
長年トップに君臨するベテランプレイヤー。
どのキャラクターを使用させても「超1流」であり、2018年1月のEVOJAPAN優勝は記憶に新しい。

今だ全ての試合に勝ち越しているKnee……

2日間の戦いを終え、未だに勝ち越しがない東京。
本日、3日目。牙城を崩すことが出来るのか。

3日目、初戦の相手はWalkerGaming:影丸!

我がWalkerGamingの影丸(ジョシー:煌帝)が登場。
Kneeの(マスター・レイブン:煌帝)に対し、どのような答えを見せてくれるのか。

トータルリザルトは↓

影丸 12:24 Knee

最初に選ばれたステージは「Forgotten Realm」
床のギミックが落ちるステージとなり、互いに高火力が出る荒れるステージ。
影丸:ジョシーも一度のアッパーから8割持っていく等、
コンボ選択も見事。
しかし、Kneeのマスター・レイブンも巧みな細かい削りに加え、

壁コンボ→グレムリンズキャノン→バーサーカーレイブ

といった、非常にダメージの高いコンボを繰り出し、影丸ジョシーの体力を減らしていった。
互いに一撃必殺の状況が多く見られたが、KneeのM・レイブンが7:4をつけ風神へ昇格。

次に出てきたのはKnee:アリサ(煌帝)、ここで影丸は降格戦を凌げず、戦いは聖帝戦へ。
Kneeはカタリーナ(聖帝)、フェンウェイ(聖帝)を繰り出し、そのすべてに於いて実力を見せつけ影丸を(武帝)へと落とす……

そして、ついに武帝戦(すごすぎる……)
Kneeのカードはジャック7(武帝)! 元々影丸が使っていたキャラを駆使し、影丸を(拳帝)へと落として完封。
影丸は辛酸を舐めさせられる戦いとなりました。

2人目はジョシー使い最高峰:misaki

2人目の相手は、misaki:ジョシー(風神)対Knee:M・レイブン(風神)

先程の1戦で風神となったM・レイブンを使い、影丸とはスタイルの違うジョシーへの対応をどう見せるのか注目が集まります。

トータルリザルトは↓

misaki 14:21 Knee

となりました。
しかし、misakiジョシー、しっかりとM・レイブンを攻略し、風神戦を制し、雷神へ昇格!
M・レイブンを降格させ、次にKneeが出したのはシャヒーン(雷神)
このシャヒーンが強かった……
ストレートでmisaki:ジョシーを降格させる圧巻の仕上がり。
そして、ジョシー(風神)対ジョシー(風神)のミラーマッチとなり、Knee14対11misaki の段階にて、ミラーマッチを制したのは……

〝Knee〟!!

ミラーマッチでもキャラクターの理解度、対応、鉄拳力をいかんなく発揮。
対戦時間もギリギリとなり、最後にKneeが選んだのは、

〝吉光(煌帝)〟

……へっ?

使えるの!?www(しかも煌帝)

実際の試合内容を見ると、すっごい吉光ムーブ……
〝納刀〟時の動きもしっかりと出来ており、どのキャラクターを使用しても底が見えない…..
Kneeの吉光が風神へ上がった所でタイムアップとなりました。

様々なキャラクターを〝超1流〟に使いこなし、次々と東京プレイヤーを薙ぎ倒すKnee。
果たして止めることは出来るのか!?

本日は以上となります!
次は3日目(後編)の模様を記事にしていきます!

それではまたお会いしましょう! スズキングでした!!
『貴様をここで終わらせる……』(三島 一八)

WRITTEN BY

スズキング

「鉄拳でプロレス」 スズキング(キング)walkergamingスタッフ
キング総会幹事メンバー。 鉄拳にてプロレス風実況 少々 ※声は大きい
よろしければフォローなどm(_ _)m 趣味:プロレス、バス釣り、アニメ、ゲーム、同人等

Twitter

RELATED POSTS

記事一覧