2018-05-22 UPDATE

【イベントレポート】黒黒放送 『東京VSKnee』 4日間に渡る熱戦の行方は……(3日目:後編)【鉄拳】

| | | |
LINE

こんにちは、WalkerGaming 鉄拳部門スタッフ:スズキングです!
今回は、GW期間4日間にて行われた鉄拳プレイヤー:黒黒さんの企画、

東京 VS KNEE

本日は、3日目後編をお送りします!(前編はこちら!)
残り3名の対戦者、はてさて対戦の行方は……

まずはKneeの紹介について↓

Knee
国籍:韓国
所属チーム:ROX Gaming
おもな使用キャラクター:デビル仁、ポール、ブライアン等
長年トップに君臨するベテランプレイヤー。
どのキャラクターを使用させても〝超1流〟であり、2018年1月のEVOJAPAN優勝は記憶に新しい。

3人目は、フェン使いの強豪:西君!

Kneeの〝マルチ〟にキャラクターを使いこなせる事は、ここまででもう実証されている。
西(フェン:雷神)Kneeに対し、どのような立ち回りで崩していくのか、否応なしに注目が集まります。

トータルリザルトは↓

西君 12:26 Knee

初戦、Kneeはシャヒーン(雷神)を選択。
昇段ポイントも多く持っていた為、1戦目にして昇格が光り、フルラウンドの末、Kneeが鬼神へ昇格。
続いて出てくるのはドラグノフ(雷神)。

西君もドラグノフのロシアンフックアサルトへの対策として、

フェンの虚歩(4WK)→燕飛跳脚(虚歩中RK)

スカ確を取る事や、

連拳衝捶一発止め(LP)→掌把(3LP)

等で崩しに行くが、Kneeも対応された技に対して攻防を変え、的を絞らせない。
西君 6:11 Kneeのスコアとなった段階で西君が降格(風神)
続いて出てきたKnee:ジョシー(風神)も開幕から昇格戦!
スコアは西君 8:14 Knee となり、ジョシーが雷神へ昇格。
その後も、
吉光(風神)→昇格(雷神)
M・レイヴン(煌帝)→昇格(風神)
アリサ(煌帝)→昇格(風神)
→ファラン(煌帝)→西君降格(聖帝)
にてタイムアップフィニッシュ……(どうなってるんだ、マジで。)

来日後、初めて使用したキャラクターでも対応力がずば抜けているKnee。

4人目の相手は、スティーブ使いのトッププレイヤー:アゴル!

続いて出てくるのはアゴル:スティーブ(雷神)
関東包囲網が敷かれる中、次々となぎ倒していくKnee
壊し屋シローの仇討ちとなるか?

トータルリザルトは↓

アゴル 4:16 Knee

〝圧巻〟の一言。
特に、Kneeのステップイン→ガード(様子見)のプレッシャーがとにかく凄まじい。
見ている私にも伝わるほどの〝圧力〟そして、アゴルの置いた技へのスカ確の速さと、どれを取っても日本のプレイヤーが冷や汗を流す試合運びとなりました。
Kneeは
ドラグノフ(雷神)→吉光(風神)→M・レイヴン(煌帝)→
と、相手の段位に合わせ、キャラを変えそのすべてにおいてアゴルを凌駕。(怖い……)
アゴルを聖帝へと落とし、時間切れ。
Kneeの硬さ、プレッシャーで技を置いた所への対応、見事なプレイングとなりました。
アゴルもスカ確のドレッドノートアッパー(6WK9RP)を決める等、見せ場を作りましたがKneeの壁は高い……

最後の一人は青森のM・レイブン使い:RAGE!

急遽対戦となったこのカード!
M・レイヴンのトッププレイヤーRAGEが参戦。
東京VSKneeもいよいよ日本VSKneeの様相を呈してきた本イベント!
果たして、3日目最終対戦者はどうなるのか??

トータルリザルトは↓

RAGE 2:6 Knee

短時間での勝負となったこの試合。
Kneeが選んだキャラクターは……〝吉光(煌帝)〟。
本家吉光使いも唖然とするような動きに加え、吉光ブレード(LP+RK)の置き所が冴えており、完全に吉光使いと化したKneeが圧巻の勝利となりました。

3日目を終え、未だ勝ち越しの無い『東京』
しかし、4日目……ついに救世主が現れ……

本日は以上となります!
次は4日目(最終日)の模様を記事にしていきます!
4日目は私も実況のお手伝いをさせて頂いたので、現場の写真も載せながらお伝えしたいと思います!

それではまたお会いしましょう! スズキングでした!!
『やりすぎちゃった……』(リン・シャオユウ)

WRITTEN BY

スズキング

「鉄拳でプロレス」 スズキング(キング)walkergamingスタッフ
キング総会幹事メンバー。 鉄拳にてプロレス風実況 少々 ※声は大きい
よろしければフォローなどm(_ _)m 趣味:プロレス、バス釣り、アニメ、ゲーム、同人等

Twitter

RELATED POSTS

記事一覧