2018-04-21 UPDATE

【ニュース】PUBG Corp.『荒野行動』など類似ゲームに対して開発、配信停止を求め訴訟を提起

|
LINE

こんにちは!W.IのONです。今回は今話題の『PUBG』の訴訟についてのニュースをお伝えします。

今、世界中で大人気のサバイバルゲームというジャンル、その先がけとなった『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG)』、その運営会社であるPUBG.Corpが4月2日に『荒野行動』『Rules of Survival』これら2つのゲームを運営している中国のNetEaseに対して、これら2つのゲームがPUBGに非常に強い類似性があるとして、著作権侵害によりPUBGが回復不能な損害を被っているとして、同2作品の配信、開発の停止を要求しました。

うーん・・・個人的にはついに来たかって感じですかね。僕が荒野行動の広告を初めてtwitter上で見たときは、『PUBGって名前変わったのかな?』とか思いましたし。

ちなみに訴状は155Pにも及び、ロビーや飛行機からの降下、ゲームエリアの縮小、フライパンがPUBGの象徴であることドン勝などなどの2作品の『PUBG』に似ているポイントがビジュアル付きで説明されています。

ゲームシステムだけでなく、アイテムやマップなども似ているのが問題なんでしょうか?

ちなみに訴状はコチラ。もし英語がわかるのなら、読んでみると面白いかもしれません。

ちなみに訴えられた中国のNetEaseが今推しているゲームはコチラ

この『FortCraft』は何とバトルロイヤルに建築の要素を加えたゲームだそうです!

・・・あれ?これ・・・あれ?まぁとにかくこちらのゲームも要チェックですね!

WRITTEN BY

ono

Walker Gaming STAFF

Twitter

RELATED POSTS

記事一覧