2018-06-12 UPDATE

【ニュース】PUBGジャパンシリーズ、Phase1 Class1終了。気になる結果は

| | | | | |
LINE

日本国内における『PUBG』プロリーグ設立を目指すDMM GAMES公式のリーグ形式の大会、『PUBG JAPAN SERIES(以下、PJS)βリーグ Phase1 Class1』。
その最終節であるDay3が2018年6月2日、東京・中央区の東京テレビセンターにて開催された。

最終ラウンドである第9ラウンドを終了した時点で、参加した20チームのうち総合成績の下位6チームが『PJS βリーグ Phase2 PaR』に降格。
残りの14チームが『PJS βリーグ Phase2 Class1』に残留する仕組み。

最終結果は以下の通り。

1位・THE SHABLES
2位・SengokuGamingDestroy
3位・Crest Gaming Xanadu
4位・Crest Gaming Windfall
5位・Rascal Jester
6位・SunSister Suicider’s
7位・CYCLOPS athlete gaming
8位・V3 FOX
9位・Zaphkiel Gaming
10位・Zoo Gaming / Penguin
11位・野良連合 Grim Reaper
12位・SCARZ
13位・USG-Hyster1cJam
14位・Gaming Team AEGIS

ここより下はPaR移行チーム。

15位・野良連合 4U
16位・AKIHABARA ENCOUNT
17位・USG-Silver Lining
18位・DetonatioN Gaming
19位・JUPITER NOVA
20位・SengokuGamingSurvive

次節となる『Phase2』は6月16日から開始される。
Phase1、Phase2を通算した上位2チームには、2018年7月25日~29日にドイツ・ベルリンにて開催される国際大会『PUBG Global Invitational 2018』の出場権が与えられるので、今後もPJSの結果は要チェック。

WRITTEN BY

ON

WalkerGamingのお手伝い。

ゲームが大好きだけど最近やる時間が無くて嘆いている。

好きなメタスラは『メタスラ2』。

Twitter

RELATED POSTS

記事一覧