2018-06-12 UPDATE

【ニュース】オーバーウォッチプロリーグ、アジア太平洋地域から2チーム追加か

| | |
LINE

『オーバーウォッチ』の都市対抗型のプロリーグ『オーバーウォッチリーグ』。
これの運営『Activision Blizzard Esports Leagues』の代表取締役社長であるPete Vlastelica氏が、ドイツのニュースサイト、『Handelsblatt』に対して次のシーズンで南北アメリカ、アジア太平洋、ヨーロッパ・中東の3地域からそれぞれ2チームずつ追加する方針を伝えました。

これにより、次シーズンより新たに6チームを追加した18チームで行われる方針が明らかになりました。
アジア太平洋地域から2チームという事は、日本にもオーバーウォッチのプロチームが出来る可能性が出てきました。

プロチームの拠点都市の選出にはオーバーウォッチの競技人口の多さが大きく関わってくるとの事ですが、日本は2018年1月にTOYOTAがオーバーウォッチリーグとパートナー契約を結んだという事もあり、可能性は残されています。

今シーズンのチャンピオンシップの最終決勝戦が2018年7月26日~7月28日に開催され、オールスター戦などが8月中旬までに行われる予定。
次のシーズンの開始はその後という事になるのでしょうが、日本にオーバーウオッチリーグのプロチームが出来れば、シーンの盛り上がりにも期待できそうです。

WRITTEN BY

ON

WalkerGamingのお手伝い。

ゲームが大好きだけど最近やる時間が無くて嘆いている。

好きなファミコンソフトは『ロックマン4』。

Twitter

RELATED POSTS

記事一覧